ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

PROJECT

鎖を断ち切れ!~Unleash your shackle~

PROJECT4災害を乗り越えるイノベーション -しなやかでたくましい暮らしの創造に向けて-

今年もイノベーションスタジオ福岡がやってきます。「社会や地域の課題を、事業づくりを通して解決する。」市民による市民のためのイノベーション創出プログラム。今回は「防災」や「災害復興」を目的とし、「災害を乗り越えるイノベーション」をテーマに掲げました。

2度の最大震度7の地震に襲われた熊本地方。震災によって加速した地域の課題、そして再考を迫られた災害への備え。自然災害大国日本に住む私たちに突きつけられた多くの重い課題は、その一方でイノベーションの鉱脈とも言えます。事実、東日本大震災では、被災地の課題解決を通じて新たな地域の可能性を創造する多くのイノベーターが出現し、その知恵と情熱はいまや被災地を超え、国内外の各地に広がって、社会に大きな影響を与え始めています。こんな反転攻勢を、ここ福岡から始めたい。イノベーションの力で、災害を乗り越え、人類に明るい希望をもたらす事業を、さあ、皆さんの手で生み出していきましょう。

プロジェクトの流れ

プロジェクトの流れの図

アドバイザー

プロジェクトテーマに関するThought Leader(実践的先駆者)がプロジェクト全体を通じて伴走します。

竹井智宏

竹井智宏

(一般社団法人MAKOTO代表理事)

1974年生まれ。東北大学生命科学研究科博士課程卒。東日本大震災を契機に一般社団法人MAKOTOを設立。日本初の再チャレンジ特化型ファンド「福活ファンド」を組成し、起業家の投資育成を実施。2015年,日本ベンチャーキャピタル協会より「地方創生賞」を受賞。 起業環境整備にも注力し,東北最大のコワーキングスペース「cocolin」、東北随一のクラウドファンディングサービス「CHALLENG ESTAR」も展開。

応募対象者

  • PROJECT4の内容に関する分野で、新しい事業や製品を作り出す熱意のある方
  • 現在取り組んでいる自身の事業について、新たな示唆を獲得し、実行したい方
  • 新しい社会の創造に対して自ら積極的に関わり、
    働きかけていきたい方
  • 自分と異なる専門性やバックグラウンドを持つ多様な人たちと
    チームを組んで、新たなチャレンジに取り組みたい方

参加条件

  • 半年間のプログラム全体に参加し、アイデアの事業化に向けた
    活動に参加できる方
  • 下記の日程で開催される計6日間のワークショップに
    参加できる方(会場は福岡市内)
    オープニング Uncover 2016年9月18日(日)・19日(月・祝)
    中間報告 Inspire 2016年11月19日(土)・20日(日)・
    23日(水・祝)
    最終報告 Exchange 2017年1月28日(土)

    ※各ワークショップの間では、リサーチ、プロトタイピング(試作品づくり)、
    打ち合わせなど、チーム毎の活動に参加していただきます。

プロジェクトの概要

募集人数 30名
申込みの受付期間 2016年8月24日(水)まで
申込み方法 参加希望の方は、申込みの受付期間中に下記登録用フォームに入力して送信してください。
参加者の選考方法 応募の動機や参加者の多様性確保の観点などから総合的に判断し、選考します。
選考結果の発表 2016年8月31日(水)
ご本人のメールアドレス宛にご連絡いたします。
参加費 無料です。
ただし、ワークショップ終了後の懇親会などの参加費、プロジェクトに関わるリサーチなどの際の実費(交通費など)を
負担していただくことがあります。
知的財産について 本プログラムを通じて発生した知的財産権の帰属およびその利用方法については、
その創造又は獲得に具体的に関与した者の間で個別に協議の上で決定することとします。
問い合わせ先 福岡地域戦略推進協議会 イノベーションスタジオ福岡担当
メールアドレス:isf@fukuoka-dc.jpn.com

「災害を乗り越えるイノベーション」エントリーフォーム

お名前*
所属*
性別*
年齢*
電話番号*
- -
メールアドレス*
住所*
お写真の提出をお願いいたします。(本人のみ上半身から上が撮影されたもの)*
参加の理由*(2つまで選択可)
※上記の「近々独立して起業したい」「現在所属の組織で新規事業を立ち上げたい」を選んだ方にお尋ねします。
現時点でどのような事業を考えていますか?また、なぜ事業を立ち上げたいと考えていますか?
いつ頃の時期をイメージしていますか?
1週間のうち、何時間程度をイノベーションスタジオ福岡のプロジェクトに使うことができますか?
PROJECT4のテーマは、「災害を乗り越えるイノベーション -しなやかでたくましい暮らしの創造に向けて-」です。テーマに対するお考えをお聞かせください。(200字以内)
あなたが考える「災害」の課題とは何ですか?その理由もあわせてお聞かせください。また、この「災害」に関して実現したい事業アイデアがある方はご記入ください。(200字以内)
※上記の「現時点でどのような事業を考えていますか?また、なぜ事業を立ち上げたいと考えていますか?」に「災害」に関する事業アイデアを記入済みの場合は、記入不要です。
自己紹介をお願いいたします。(200字以内)
あなたがイノベーションスタジオ福岡で実現したいことをできるだけ具体的に書いてください。(200字以内)
その他、申し込むに当たって伝えたいことを自由に記述してください。(200字以内)
イノベーションスタジオ福岡 参加誓約書
私は、イノベーションスタジオ福岡運営協議会(以下、「主催者」という)が主催するイノベーションスタジオ福岡(以下、「本プロジェクト」という)へ参加するにあたり、イノベーションスタジオ福岡知財ポリシーを踏まえ、以下の項目に同意し、遵守することを誓約いたします。
秘密情報について
1. 本プロジェクトへの参加に際して、主催者、講師、参加企業などから開示された情報のうち、秘密情報である旨を明示された情報(以下、「本秘密情報」という)については、厳に秘密を保持し、本秘密情報を開示した者(以下、「開示者」という)の書面による承諾なくして、本プロジェクト以外での利用及び第三者への開示、漏えいをしないことを誓約します。
2. 開示者の書面による承諾を得て、第三者に本秘密情報を開示する場合は、本誓約書と同等の秘密保持義務を第三者に遵守させることを誓約します。
3. 本誓約書の有効期限は、平成29年3月31日とします。
4. 故意・過失により本誓約書に違反したことにより、主催者及び開示者が損害を被った場合には、主催者及び開示者は、私に対して、直接かつ現実に被った通常損害の範囲内において、損害賠償を請求できることに同意します。
その他
5. 主催者が本プロジェクトを記録及び広報する目的で撮影した写真・動画及び主催者の許可により取材を行うメディア等が撮影した写真・動画については、個人が特定できる範囲内で私の肖像等が映り込んでいる場合には、主催者から私への確認を経た上で、主催者の広報やメディアの報道に使用されることに同意します。

本文の終わりです


COPYRIGHT (C)2014 BY INNOVATION STUDIO. ALL RIGHTS RESERVED.